水道管の破裂は工事で回復させる

水道管が破裂してしまうこともあります。夏場より冬場に起きることが多いトラブルですが、水道工事によって修理をして回復させるしかありません。これも大きな問題になってくるため、破裂する状況も考えておかなければいけないでしょう。

■経年劣化による水漏れ

水道が大きなダメージを受けるケースはいろいろとあります。破裂してしまうような状況としては、経年劣化が挙げられるでしょう。一般的には10年経つと、耐用年数に達して修理するべき箇所が出てきます。破裂するタイミングはいろいろとありますが、予測が簡単にはつきません。ある日突然破裂してしまうということも考えられるため、水道代の変動であったり、土が濡れているといったことが見つかった場合には工事を依頼するべきでしょう。

■凍結や地震による破裂

経年劣化だけが破裂する要因ではありません。凍結してしまったことによって破裂する可能性もあります。寒い日に起きますが、地中にある配管が凍結してしまい、膨張したことで破損して破裂します。そのために深く掘ってあり、変化に強くなるように設計もしていますが、どうしても起こりうるトラブルといえるでしょう。他にも地震が起きてずれてしまったことが原因となり破損するケースもあります。

■まとめ
漏れているかどうかは、水道メーターを見ることで判断することができます。水道の使用を止めてメーターを見た時に動いているようであれば、漏水している可能性があるでしょう。原因を追究するためにも、確認しておいた方が安心です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ