水漏れは水道工事におまかせ

水漏れに関しては、さまざまなところから漏れてくる可能性があります。その中でも、排水管と給水管が大きなポイントになってくるでしょう。この場合、正しい対処をしていかなければ、大きな被害を出してしまう可能性もあります。

■応急処置と止水栓

水漏れの中でも給水管の水漏れは、特に大きな問題になります。目視できるような状況であっても、多くの水が漏れてきます。手が届くのであれば、タオルを巻いてしまうだけでも応急処置ができます。この間に素早く止水栓や元栓を締めておくことを忘れてはいけません。元から止めてしまえば、給水が止まることになるため、被害はこれ以上でなくなります。それでも管には圧力が残っているため、バケツなどで水を受けるなどの対処が必要です。工事を依頼する場合にも、これ以上被害が広がらないように自分でできる対処はしておいた方がいいです。

■水道には圧力がかかっている

排水管は、強い圧力がかかりません。ところが給水管は強い圧力がかかってくるため、素人での修理は非常に難しくなってきます。漏れる量も多くなってしまうため、早めに専門業者による工事を考えた方がいいでしょう。給水管といっても、どこにあるのかはっきりとしていれば良いものの、わからない場合もあるため、業者に判断してもらう必要があります。

■まとめ
水道の圧力は非常に高いです。吹き出してしまう場合もあり、これが床から下に漏れることもあるため、専門業者の工事によって、確実に修理してしまうのがポイントになってくるでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ